様々な種類のうまい青汁のみを集めてみました。

当サイトでは健康食品メーカー各社から発売されている青汁の中でも「うまい青汁」のみを厳選してご紹介させて頂いております。青汁はこれまで「まずい!」というのが決まり文句でありましたが、最近の青汁はメーカー各社がハチミツやレモンなどを絶妙の配合でブレンドし誰でも美味しく飲める青汁へと進化しています。

代表的な青汁原料別の特徴・ランキング

以下では現在各メーカーから発売されている「うまい青汁」の中でも特に主流となっている原材料別に特徴とおすすめのランキングをご紹介させて頂いています。栄養価が高いもの、子供でも楽に飲めるものなど様々な特徴がありますので自分にピッタリの一杯を見つけてみて下さい。


人気の青汁をランキング形式にまとめてみました。

第1位 えがおの青汁 美味しさを追求した「うまい青汁」の代表格
価格 内容量 原材料
3,150円 3.5g×31袋 大麦若葉

えがおの青汁は熊本県阿蘇産の無農薬栽培大麦若葉をたっぷりと使用した青汁です。青汁原材料の中でも特にクセが無いと言われる大麦若葉を使用することで青汁よりも「抹茶」に近い味わいを実現しています。長命草、黒生姜成分をプラスしていますので栄養価も抜群で大変おすすめの青汁です。

第2位 はちみつ青汁 ケール青汁売上No.1!青汁の名門の渾身の一杯
価格 内容量 原材料
3,800円 7g×30本 ケール

青汁の名門キューサイが手掛けるはちみつ青汁では、栄養価は抜群に高いがクセがあると言われるケールをあえて使用しながらも、たっぷりの蜂蜜を使用することで驚くほど飲みやすく仕上げられています。ダントツに高い栄養価を、子供でも楽に飲める優しい味わいで補給することができるのです。

第3位 おいしい青汁《新鮮搾り》 黒糖・抹茶プラス配合でサラッと飲みやすい!
価格 内容量 原材料
3,150円 3g×30包 大麦若葉

飲みやすいと評判の大麦若葉を使用し、黒糖と抹茶をプラスすることで更なる美味しさを追求した青汁がエバーライフのおいしい青汁です。大麦若葉は朝摘みのものを使用することでクセや臭みを最小限に抑えておりサラッと飲める、うまい青汁に。女性に嬉しいローヤルゼリー、ヒアルロン酸配合です。

第1位 はちみつ青汁 ケール青汁売上No.1!抜群の栄養価を誇る一杯
価格 内容量 原材料
3,800円 7g×30本 ケール

青汁の原料の中でも栄養価が極めて高いと言われる「ケール」を原材料とし、ケール特有の飲みにくさを子供でも楽に飲めるように山田養蜂場産の蜂蜜でカバーした、青汁の名門キューサイが手掛ける逸品。抜群に高い栄養価と驚くほど飲みやすい味わいを兼ね備えています。

第2位 えがおの青汁 美味しさを追求した「うまい青汁」の代表格
価格 内容量 原材料
3,150円 3.5g×31袋 大麦若葉

えがおの青汁の原材料はミネラル・ポリフェノール・ビタミン・食物繊維を豊富に含む大麦若葉をはじめ、1株食べれば1日長生きすると言われる「長命草」、じっくりと熟成醗酵を重ねた「黒生姜」の3種類。素材本来の甘みを感じながら、一日の一杯でより多くの栄養素を体内に取り込めます。

第3位 やわたのおいしい青汁 無農薬・有機農法にこだわった8種類の素材を使用!
価格 内容量 原材料
3,990円 3g×30包 大麦若葉・ケール

無農薬・有機農法にこだわった国産素材で作られるやわたのおいしい青汁。飲みやすいと定評がある大麦若葉をはじめ、栄養価が高いケール、モロヘイヤ、桑の葉、ゴーヤなど様々な素材を独自配合でブレンドし、抜群の栄養価を誇る青汁に仕上がっています。素材本来のおいしさを味わう事ができます。

第1位 えがおの青汁 価格・素材・飲みやすさ、どれを取ってもピカイチ!
価格 内容量 原材料
3,150円 3.5g×31袋 大麦若葉

価格のみで考えた場合に最安価格とはいきませんが、品質と価格との兼ね合いで考えた場合に抜群のコストパフォーマンスを誇るのがえがおの青汁です。阿蘇産の大麦若葉に加えて長命草、黒生姜を独自配合しており、素材本来の甘みや味わいを感じながらも「抹茶」風味で楽に飲めると大人気の商品です。

第2位 明日葉で作ったおいしい青汁 当サイト最安となる「明日葉」を使った青汁
価格 内容量 原材料
2,625円 3g×30袋 明日葉

当サイトに掲載させて頂いている青汁の中でも最安価格となる青汁が「明日葉で作ったおいしい青汁」です。単品購入の場合は1ヶ月分2,625円、定期購入の場合には2,362円と更に安くなります。コレステロール値の正常化は明日葉を原料とする青汁の真骨頂とも言うべき特徴です。

第3位 おいしい青汁《新鮮搾り》 ローヤルゼリー・ヒアルロン酸配合で女性に嬉しい!
価格 内容量 原材料
3,150円 3g×30包 大麦若葉

朝摘みのクセのない大麦若葉を主原料として黒糖、抹茶を独自配合でブレンドすることにより「飲みやすさ」を追求し続けた青汁です。ローヤルゼリー・ヒアルロン酸といった女性に嬉しい成分を配合して健康と美容のサポートを同時に行いながらも、最安値クラスとなる3,150円はとにかく安い!

栄養量が豊富な青汁で時にはダイエットもOK

青汁の主な成分

青汁の主な成分は、ケール、大麦若葉、明日葉です。青汁には豊富な栄養量が含まれています。ビタミンCやB、Bカロテン、食物繊維、ルテイン、メラトニンなど便秘症対策や不眠症対策にも良いです。普段から便秘気味の人も、それを解消してくれます。またビタミンBCは美肌にとってよく、ビタミンBは余分な皮脂の予防に、ビタミンCは美白にいいのでニキビやシミに悩んでいる人にも良いです。毎日規則正しく良い睡眠をとることはホルモンを分泌して、傷を治したり疲れを取って体力を回復していきます。ルテインは目の疲れに効果的です。パソコンやスマートフォンを手放せない人にはぴったりな成分です。
青汁の注目したい栄養素はカルコンです。青汁の中の明日葉には、カルコンという栄養素が含まれています。このカルコンは、むくみやセルライトの解消に効果があるといわれています。むくみがあるだけで顔と足が太って見えてしまうこともありますので、解消されたらそれだけで痩せて見えることもあります。
また血液をサラサラにする効果もあることから、生活習慣病を防ぐ役割があります。カリウムも一緒に含まれることから利尿作用もあって、さらなるむくみを防いでいきます。
また、慢性的な野菜不足を解消していきます。忙しく時間がない中で、普段の食事の中で野菜が取れてない方も多いです。外食や欧米化の食事を摂ることからどうしても野菜の量が減ってきてしまいます。ビタミンや食物繊維などは野菜からとれることも多く、野菜が体を健康に導いてくれることも多いです。このようなことから、青汁はダイエットに良いです。ダイエットをしていて食べる量を減らして便秘気味になってしまった方、栄養不足によって肌荒れを起こしている方、むくみを解消して太く見えることを避けて、生活習慣病などの病気を防ぎ野菜不足を解消して体の調子を整えることで、痩せやすい体を作っていきます。

気になる飲み方

青汁はサプリメントやドリンクで摂取することが可能です。サプリメントは忙しい方にはサッと飲むことができて、ドリンクは水で割ったり牛乳で割ることで味を変えていくことが可能です。生クリーム混ぜると苦味などもきえてスイーツのような甘味になります。また粉末タイプでしたらヨーグルトに入れて混ぜて食べることも可能です。バリエーション豊富に楽しんで飲むことができます。
青汁というとどうしてもおいしくないというイメージが先行してしまいますが、現在作られているものは飲みやすい味に工夫されていることも多いです。朝一に飲んだり、寝る前に飲んだり朝食と一緒に飲んだりと、値段もそこまで高くありませんので生活に取り入れやすいです。青汁で体の調子を整えながらダイエットもよいですね。ダイエットというと激しい運動や絶食を考えている人もいるかもしれませんが、あまり無理をしていると続かないで体にとってもよくないです。
また、栄養不足にもなってしまいますので、ときには青汁の力を借りながら、健康的にダイエットできたらいいですね。まずは、身体の中の調子を整えることもダイエットにはよいです。1,2日でしたら青汁で置き換えダイエットも可能です。
豊富な栄養量と便秘解消の効果があることから、ダイエット中でも便秘にならなくていいかもしれません。真剣にダイエットしている人ほど、摂取するカロリーも気になるところですが、青汁自体にカロリーもありません。高級なサプリメントやドリンクもダイエット商品でありますが、身近に感じられてコスパもよいのが青汁です。一度飲んでやめてしまった人も、もういろいろ試した後一回見直してみたら効果を実感することがあるのかもしれません。