ケールが原料の青汁の特徴とランキング

青汁素材の代表格「ケール」とは?

青汁の成分の含まれているケールの発祥地は南ヨーロッパと言われています。キャベツの原種とも呼ばれており、非常に栄養価の高い野菜です。日本ではあまり馴染みの薄い野菜なのかもしれませんが、ヨーロッパ諸国ではケールが一般家庭の食卓に並ぶ事は日常です。

ケールは野菜の中でも成分が良いという事と、一年中栽培できること、収穫量も多く、味も食べやすい事から、青汁の成分として使われるようになりました。ケールは多くのビタミン類を含む、非常に優れた緑黄色野菜です。ケールをそのまま食べる事もできますが、青汁の中の入れて飲む事で、効果が増強します。

初めてケールが日本にやってきたのが、江戸時代初頭と言われており、明治の初期には多くの品種が導入されたと伝えられています。ケールを品種改良した野菜はカリフラワーやブロッコリーなど。日本人にとっては直接的な馴染みが少ない野菜ですが意外にも日本には関わり深い野菜なのです。

抜群に高い栄養価を誇るケール

ケールは現代の食生活に不足しがちな、食物繊維を多く含んでいます。それ以外にもカロチやカルシウム、鉄・リンなどのビタミン・ミネラル類も豊富に含んでいる為、ヨーロッパ諸国では多くの方々に愛されています。ケールには野菜類では群を抜いてビタミンEの含有量が多く、さらに、ナトリウムの排泄に大切な働きをするカリウムも多く含まれています。

さらにケールには野菜の中でもメラトニンの含まれる量が多く含まれています。 メラトニンというのは最近発見されたもので、寝ている間に人間の脳からも分泌されるものです。ケールには多くの栄養素が含まれています。青汁の主な成分して大活躍!ケールほど豊富な栄養を含んだ野菜はないと言えるのではないでしょうか。

ケールが原料の青汁3選

第1位 はちみつ青汁 ケール青汁売上No.1!青汁の名門の渾身の一杯
価格 内容量 原材料
3,800円 7g×30本 ケール

青汁の名門キューサイが手掛けるはちみつ青汁では、栄養価は抜群に高いがクセがあると言われるケールをあえて使用しながらも、たっぷりの蜂蜜を使用することで驚くほど飲みやすく仕上げられています。ダントツに高い栄養価を、子供でも楽に飲める優しい味わいで補給することができるのです。

第2位 やわたのおいしい青汁 8種類の厳選素材を使ったこだわりの青汁
価格 内容量 原材料
3,990円 4g×30包 大麦若葉・ケール

ケールや大麦若葉をはじめ全8種類の国産素材を使用して作られているのがやわたのおいしい青汁です。様々な素材を独自の配合でブレンドすることによりバランスよく豊富な栄養素を体内に取り込むことができます。50種類以上に及ぶ栄養素もプラス配合されていますので、経済的かつ万能の青汁であると言えます。

第3位 青汁つづく コラーゲンプラス 野菜と果物の絶妙のバランス
価格 内容量 原材料
6,300円 160g×30本 ケールほか

素材としてケールが使用されている青汁の中で特に美容を気にする女性にお勧めしたい青汁つづくコラーゲンプラス。ケールやアスパラガス、ホウレンソウなどといった栄養素抜群の青野菜を豊富に含みながらもリンゴやレモンなどといった果物も配合しており、まるで野菜ジュースのような飲みやすい口当たりになっています。美容に嬉しいコラーゲンもプラス配合です。