大麦若葉が原料の青汁の特徴とランキング

加工することで口当たりが良くなる大麦若葉

大麦若葉とは、その名の通り大麦の若い葉の部分の事を指します。大麦若葉の稲作が伝来したのは3世紀頃の事で、中国から大麦栽培が伝来したと言われています。特に奈良時代には、全国的に栽培が盛んに行われていたそうです。大麦は米とともに麦ごはんとして食されたり、麦味噌やはったい粉、水あめや焼酎などの原料として日本人に広く親しまれてきました。

これまでは大麦の実の部分が主な食材として利用されてきましたが、近年では健康食品の1つとして注目されてきています。特に、健康志向の高まりによって一世を風靡した「青汁」に使用されている事が多く、大麦の若葉が健康食品の原料として注目されています。

大麦若葉は、まだ実をつける前の、約20センチほどに生長して青々とした大麦の葉の部分のことを指します。このままでは非常に苦く食べられませんが、加工する事で、非常に体に良い健康食品へと生まれ変わるのです。

栄養素は高いがクセが少ない大麦若葉

大麦若葉はその他の野菜類に比べても非常に栄養価が高く、またクセが少なく非常に飲みやすいという特徴があります。食物繊維や各種ビタミン、葉酸、カテキン、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、カリウム、カテキンやクロロフィル、SOD酵素などといった豊富な栄養素を含んでいます。

栄養素の量は生育した環境や製品化の工程により各商品によってバラつきがありますが、食物繊維はキャベツの約15倍、カルシウムは牛乳の約10倍、葉酸はブロッコリーの約5倍などともいわれるほど栄養たっぷりの野菜です。これを青汁と同時に摂取する事で、体内環境の正常化に繋がるのです。

大麦若葉が原料の青汁3選

第1位 えがおの青汁 美味しさを追求した「うまい青汁」の代表格
価格 内容量 原材料
3,150円 3.5g×31袋 大麦若葉

えがおの青汁は熊本県阿蘇産の無農薬栽培大麦若葉をたっぷりと使用した青汁です。青汁原材料の中でも特にクセが無いと言われる大麦若葉を使用することで青汁よりも「抹茶」に近い味わいを実現しています。長命草、黒生姜成分をプラスしていますので栄養価も抜群で大変おすすめの青汁です。

第2位 やずやの養生青汁 大麦若葉の青汁売上No.1の名作
価格 内容量 原材料
6,615円 3g×63本 大麦若葉

やずやの養生青汁は大麦若葉のみを使ったピュアな大麦若葉青汁ではダントツの売り上げNo.1を誇る名青汁です。素材は大麦若葉の粉末のみであることから素材選びにはこだわり抜き、クセのない朝摘みの大麦若葉のみをその日のうちに粉末化することで驚くほど柔らかい飲み口を実現しているのです。

第3位 やずやの豆乳青汁 養生青汁に豆乳プラスで更にマイルドに
価格 内容量 原材料
6,615円 6.6g×31本 大麦若葉・豆乳

大麦若葉の青汁で評判のやずやの養生青汁に豆乳をプラスし更にマイルドな口当たりに仕上げたプレミアム青汁がやずやの豆乳青汁です。89%の方が「飲みやすい」と回答し飲みやすさには定評がある養生青汁に豆乳をプラスすることで、飲みやすさはもちろんイソフラボンなどの豊富な栄養素を一度で身体に取りこむことができます。