桑の葉が原料の青汁の特徴とランキング

中年の年齢層におすすめの桑の葉

健康食材の1つとして最近注目を浴びているのが「桑の葉」です。桑の葉の効果・効能は、糖尿病の予防・改善作用があります。糖尿病は遺伝する病気とも言われ、発症すると飲食が制限され、非常に辛い思いをする病気と言われています。これらを予防したり、改善する働きがあります。

また食後の血糖値上昇の抑制作用という事で、中年の方に見られる傾向として、食事の後は一時的に血糖値が上昇する傾向があります。血糖値の上昇は様々な病気の元となります。その上昇を抑える働きがあります。

高血圧も同様に、血圧が高いと、大量が低下したり、脈の流れやバランスが悪化します。中性脂肪値を下げる働きという事で、肥満体型が多い中年男性の方には効果的です。他にもコレステロール値を下げる働きや、腸内環境整え便秘を改善する働き,肝臓および腎臓機能の改善する作用など、実に様々な効果・効能があります。

ダイエット効果も期待できる桑の葉

最近ではダイエット効果もある事が判明され、健康食品だけでなく、多くのダイエット食品にも取り入れられています。桑の葉は日本各地に自生するクワ科の落葉樹です。蚕のエサとして古くから使われてきた植物で養蚕地を中心にお茶として飲む習慣もあったほどで飲みやすいということが分かります。桑の葉の歴史として、鎌倉時代から薬草として用いられてきました。漢方では桑の葉は中薬として分類しています。

このように、多くの効果が期待出来る桑の葉は、健康食品からダイエット食品にまで幅広く使われています。最近では日常の料理で桑の葉を使ったレシピなどもあり、私達の生活に密接な存在になりつつあります。

桑の葉が原料の青汁3選

第1位 やわたのおいしい青汁 8種類の厳選素材を使ったこだわりの青汁
価格 内容量 原材料
3,990円 4g×30包 ケール・桑の葉ほか

ケールや桑の葉、大麦若葉などなど全8種類の国産素材を使用して作られているのがやわたのおいしい青汁です。様々な素材を独自の配合でブレンドすることによりバランスよく豊富な栄養素を体内に取り込むことができます。50種類以上に及ぶ栄養素もプラス配合されていますので、経済的かつ万能の青汁であると言えます。

第2位 八丈明日葉ふるさと青汁 八丈島産の明日葉に大麦若葉と桑の葉をプラス
価格 内容量 原材料
3,990円 3g×30包 明日葉・桑の葉ほか

ふるさと青汁はこれまでの青汁素材の王道「ケール」の数倍の栄養価を誇る明日葉をふんだんに使用した青汁です。自然の苦みをほんのりと感じる本格派青汁となりますが、明日葉に含まれるカルコン成分はもちろん、大麦若葉、桑の葉をプラス配合しており栄養価に関しては抜群の品質を誇ります。

第3位 神仙桑抹茶ゴールド 桑の葉に緑茶をプラスした抹茶風味の青汁
価格 内容量 原材料
5,985円 3g×60包 桑の葉・緑茶・シモン

桑の葉と八女市産の緑茶の葉をベースとして作られている青汁が神仙桑抹茶ゴールドです。糖尿病対策やメタボ対策に効果があると言われている桑の葉にカテキンを多く含む緑茶をプラス配合することで血糖値の正常化やダイエット効果を期待できます。抹茶風味で飲みやすく、青汁が苦手な方にもお勧めです。