緑茶成分が原料の青汁の特徴とランキング

日本人となじみ深い「緑茶」の効果

緑茶は私達の生活に馴染み深いものです。緑茶の製品が各飲料会社から発売されており、各所非常に人気の商品となっています。緑茶の主な効能として、ガンの抑制というものが挙げられます。

ガンには緑茶が一番有効であるといった研究発表が、立て続けに出されています。緑茶に含まれているポリフェノールとカテキンが細胞のガン化を予防し、あるいは緑茶に多く含まれるビタミン類が発ガン物質の作用を抑制するというものです。そのため喫煙する方には是非お勧めしたいところです。

また、お茶にはダイエットの効果も期待されています。ダイエット期間中は水ではなく緑茶か烏龍茶を飲むと良いでしょう。体内の脂肪分を分解する働きがあり、糖質や脂質の吸収を抑え、体脂肪を燃焼させる効果がありますから太りにくく痩せやすいという理想の身体を手に入れるにはもってこいなのです。

緑茶が原料の青汁も登場している

最近では青汁にも使われており、その健康成分やダイエット効果が重宝されています。普通に緑茶として飲んでも良いのですが、青汁の成分としてブレンドすることにより、更にその他健康成分との相乗効果が期待され多くの栄養素を体内に取り込むことができるのです。

緑茶のビタミンCは、煎茶に最も多く含まれ、比較的熱に強く保存にもすぐれた特性があります。ビタミンCは人体内のあらゆる所で作用し、1日の所要量は50mgです。したがって一名分について5グラムの茶葉を使うとすれば茶碗5杯程度飲めば必要量が満たされるはずです。

このように様々な効果がある緑茶。中高年の方は是非毎日緑茶を飲むように心がけると良いでしょう。そうする事によって、いつまでも若々しく健康的な体を維持する事が出来るでしょう。

緑茶成分が原料の青汁3選

第1位 やわたのおいしい青汁 8種類の厳選素材を使ったこだわりの青汁
価格 内容量 原材料
3,990円 4g×30包 ケール・緑茶ほか

ケールや緑茶、大麦若葉などなど全8種類の国産素材を使用して作られているのがやわたのおいしい青汁です。様々な素材を独自の配合でブレンドすることによりバランスよく豊富な栄養素を体内に取り込むことができます。50種類以上に及ぶ栄養素もプラス配合されていますので、経済的かつ万能の青汁であると言えます。

第2位 八丈明日葉ふるさと青汁 八丈島産の明日葉に大麦若葉と桑の葉をプラス
価格 内容量 原材料
3,990円 3g×30包 明日葉・緑茶ほか

ふるさと青汁はこれまでの青汁素材の王道「ケール」の数倍の栄養価を誇る明日葉をふんだんに使用した青汁です。自然の苦みをほんのりと感じる本格派青汁となりますが、明日葉に含まれるカルコン成分はもちろん、大麦若葉、緑茶をプラス配合しており栄養価に関しては抜群の品質を誇ります。

第3位 神仙桑抹茶ゴールド 桑の葉に緑茶をプラスした抹茶風味の青汁
価格 内容量 原材料
5,985円 3g×60包 桑の葉・緑茶・シモン

桑の葉と八女市産の緑茶の葉をベースとして作られている青汁が神仙桑抹茶ゴールドです。糖尿病対策やメタボ対策に効果があると言われている桑の葉にカテキンを多く含む緑茶をプラス配合することで血糖値の正常化やダイエット効果を期待できます。抹茶風味で飲みやすく、青汁が苦手な方にもお勧めです。