ゴーヤーが原料の青汁の特徴とランキング

健康野菜の代表格「ゴーヤー」とは?

ゴーヤーは沖縄を代表する野菜です。主なゴーヤー料理として、ゴーヤー汁やゴーヤーチャンプルーなどがあります。ゴーヤーの味は非常に苦いです。故に好き嫌いがはっきり別れるのですがこの苦さこそが健康の元なのです。

ゴーヤは沖縄の野菜ですが、最近では全国のスーパーでその姿を見かける機会が多くなりました。その理由として、ゴーヤーにはたくさんの栄養分が含まれているため注目され始めたからです。

栄養満点のゴーヤーをつかった青汁が、ゴーヤ青汁です。青汁に使用されているゴーヤはナガレイシという種類で、ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンKなどの豊富なビタミン類を始めカリウム・マグネシウム・リン・食物繊維・カロチン・鉄分など健康的な栄養成分がたっぷり含まれています。

ゴーヤーはとにかく苦いというイメージが定着していることから青汁に関しても好き嫌いが別れます。最近ではずいぶんと改良されましたが、それでもゴーヤーの苦みをほんのりと感じる青汁が多いのも事実ですから、ゴーヤーを普段あまり好んで食べないという方は大麦若葉の青汁など飲みやすいものを選択すると良いでしょう。

ゴーヤーにはビタミンCが豊富

ゴーヤ青汁にはたくさんの栄養が含まれていますが、その中でも多く含有している栄養分はビタミンCです。ビタミンCは動脈硬化やがんの予防・風邪にとても効果的ですが、ゴーヤーにはそんなビタミンCが76mgも含まれています(100g中)。この量は実にキャベツの2倍、トマトの5倍、同じウリ科のキュウリと比較すると10倍にもなります。

また意外や意外、ビタミンCを多く含む野菜で代表的なレモンと比較した場合も、ゴーヤーにはレモンの約3倍のビタミンCが含まれており、更にゴーヤーのビタミンは短時間の加熱であればほとんど壊れない良質なビタミンCを多く含んでいるのです。

ゴーヤーが使用されている青汁はこちら

やわたのおいしい青汁 8種類の厳選素材を使ったこだわりの青汁
価格 内容量 原材料
3,990円 4g×30包 ケール・ゴーヤーほか

ケールやゴーヤー、大麦若葉などなど全8種類の国産素材を使用して作られているのがやわたのおいしい青汁です。様々な素材を独自の配合でブレンドすることによりバランスよく豊富な栄養素を体内に取り込むことができます。50種類以上に及ぶ栄養素もプラス配合されていますので、経済的かつ万能の青汁であると言えます。

青汁三昧 ゴーヤー・大麦若葉・ケールを絶妙にブレンド
価格 内容量 原材料
6,000円 3g×60包 ゴーヤー・ケールほか

青汁三昧は青汁の原材料として有名な「ケール」や「大麦若葉」に加え、ビタミンCが豊富なゴーヤーを配合した3種の材料を元とする青汁です。ゴーヤー、ケールとクセのある素材を使用しておきながら抹茶風味でマイルドな口当たりが特徴で、青汁初心者の方でもリピート率が高い青汁となっています。