豆乳を含む青汁の特徴とランキング

飲みやすく栄養素も高まった豆乳青汁

青汁を飲んだ事はありますか?一口飲むのにも抵抗を感じる方もいるのではないでしょうか。それは青汁=不味いというイメージがあるからではないでしょうか。特にそうした方にお勧めしたいのが、青汁を豆乳で割って飲む方法、青汁豆乳をお勧めします。

豆乳はダイエット中の飲み物として、非常に効果がある事で有名です。そんな豆乳と健康食品である青汁を掛け合わせる事で、非常に健康的な食品となります。

豆乳にはたくさんの栄養素が含まれている事がわかっている為、この機会に是非豆乳青汁に挑戦してみてはいかがでしょうか。豆乳に含まれる大豆レシチンという脂質は、コレステロールの融解し、血流と良くする働きをすると共に脳の活性にも効果的な栄養素です。受験生であればテスト当日に飲む、会社員であれば重要な会議の前に飲む事で脳が活性化される為、大変効果的です。

豆乳に含まれるイソフラボンと青汁

豆乳に含まれる代表的な成分がイソフラボンです。イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするため、骨粗鬆症の予防や、更年期障害、バストアップなどに非常に効果的です。化粧品の中にもイソフラボンが配合されているものもありますが、豆乳として直接大寧に入れる事で、健康を維持できると言えます。

また、青汁独特の香りをかき消す効果もある為、匂いがダメで青汁が飲めいないという方にとっては、非常に飲みやすいでしょう。芸能人の方から一般の方まで、愛飲している豆乳。青汁と掛け合わせる事で、体の中も外も両側から美しくなれるのが、豆乳青汁なのです。

豆乳が使われている青汁はこちら

やずやの豆乳青汁 養生青汁に豆乳プラスで更にマイルドに
価格 内容量 原材料
6,615円 6.6g×31本 大麦若葉・豆乳

大麦若葉の青汁で評判のやずやの養生青汁に豆乳をプラスし更にマイルドな口当たりに仕上げたプレミアム青汁がやずやの豆乳青汁です。89%の方が「飲みやすい」と回答し飲みやすさには定評がある養生青汁に豆乳をプラスすることで、飲みやすさはもちろんイソフラボンなどの豊富な栄養素を一度で身体に取りこむことができます。